Running Trippers! ~地元の人と味に触れる旅RUNスタイル~
12/20

急坂と摂氏30℃への挑戦仲間が支えてくれた…だから走り続けることが出来た!歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 100kmという距離を人はいつから歩かなく、走らなくなったのだろうか。歩き続けることができたとして、およそ丸一日の計算。文明の利器の無い時代にしても、容易いことではなかったろう。そんな感覚を遺伝子で感じるのだろうか、ランナーを支えるサポーターの真剣度も違う。「どの辺りでエイドが必要?」「必要な栄養は?」「何が気分を換えられる?」との取材に対して、応える経験者の答えには発見がある。 未知を経験することで、既知の概念が変わる。 14時間を制限とする旅。午前4時30分にスタートしたランナーを必死に支えるエイド&サポーターにも疲労が見える。「ギリギリのランナーを見るのは辛い」「要望に応えきれない時が辛い」「ただガンバレとしか言えない」「何をしてあげればいいのか…」と。 時計を気にしながら、挑戦者たちを待つゴール地点。時間との闘い。体力など残っていない。気力と声援だけが足を前に出すエネルギー。未知へのスタートを切ったチャレンジャーには様々なゴールがある。未知なるものから得る学びは計り知れず、むしろ想定通りでない方が価値がある。 一つだけ想定通りの学びがあるとすれば、挑戦する者と支援する者両者が存在してこそゴールがあることか。~ All for one, One for all ~制限時刻午後6時30分。すっかり日が暮れたゴール地点では「ありがとう」の言葉があちこちに溢れていた。 ウルトラマン達の雄姿。さすがTACTさんベテランの風格!深沢さんカッコイイ~☆哲ちゃん余裕のピースサイン!お~いミックン大丈夫かぁ><イズさん、寛ぎ過ぎぃ~(汗) 窪ちゃん憎まれ口叩きながら頑張ったね!おぉ~あわのっち気合いが感じられる!しかし…ヒラリン辛そうやなぁ>< 網野さん!お酒は控えめにね(汗)ナオちゃんLOVE*^^*ウルトラマン達の雄姿をご覧あれ!さすがTACTさんベテランの風格!深沢さんカッコイイ~☆哲ちゃん余裕のピースサイン!お~いミックン大丈夫かぁ><イズさん、寛ぎ過ぎぃ~(汗)窪ちゃん憎まれ口叩きながら頑張ったね!おぉ~あわのっち気合いが感じられる!しかし…ヒラリン辛そうやなぁ>< 網野さ~ん!やっぱりお酒は控えめにね^^;ナオちゃんLOVE*^^*

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です